2018-09-18

またね!





ツアーお疲れさまでした!


アルバムリリースのお知らせも出来たし、各地で久々の人たちにも会えたし、


元気をもらえた。


ちゃんと覚えていてくれて、会いに来てくれて、なんてありがたい。


私が19歳の時に出会って、お世話になった人も、


いろんな人生の変化を経て、今はお母さんになって、


こうしてまた会えて、またふざけた話しをして笑ってる。


どんな道を選んでも、迷いながらあっち行ったりこっち行ったりしてても、


結局辿り着く場所が私にもある。


そこで今の自分自身を確認したら、また立ち上がって出発する。


また必ず会いたいと思う気持ちが、背中を押してくれます。



 

2018-08-31

正直な話



本心は、


変えようとしても、なかなか変えられない。


本当の事は、いくら捻じ曲げてみても、


変えられないのかもしれない。 そんな風に感じる。


私が自分の夢を諦められないのと同じように、


何度寂しい思いをしようと、理性を持って大人になろうとしても、


どうしたって否定できない気持ちがある。


過去は変えられない。その延長に今があるから、否定できない。


そんなふうに、今を大事に大切にできたらと思う。


So,   let it be!


And let's see what will happen.


This is the only way I know for now.




2018-08-24

作品



オノ・ヨーコの展示を広島の現代美術館でみた。


もう何年も前のことだけど、感動した。


「的確で無駄が全然ない」 当時そんなふうに感じて、


それをまわりに一生懸命説明したんだけど、


あんまり反応が無かったから、そのまま胸にしまっておいた。


でも感動した。


もやもや、色んな考えを巡らせて長い間悩み続けると、


時々、行き着くところまで行ったのか、


突然周りの雑音が消えて、


ふと本当のことに達するような、核の部分に触れるような、そんな感覚になる。


彼女の作品のシンプルさには、そんなものを感じた。


まっすぐに、静かに、脳天に突き刺さる感じ。 


他の人はどう感じるかは分からないけれど。 


展示で作品をまとめて見るまでは、訳の分からない人だと思ってたし。



その後、ネットの記事だったと思う。ジョンレノンとのエピーソードを読んだ。


初めてオノヨーコの展示を見に行った時、彼は冷やかし半分だったらしい。


有名な話なのかもしれないけど、ある作品を見て変わった。




白い脚立を上っていくと上から虫眼鏡がぶら下がっていて、


それで天井を覗き込むと、小さく「Yes」って書いてあるのを見つけることができる。


私は実物を見たことがないから、想像してみる。


脚立を1段1段上がっていく時って、少しドキドキする、慎重になる。


でも少しずつ上がっていく感じ、自分の力で。


やっと上まで行けたけど、それでもまだ分からない、何も見えない。


真っ白く広がる天井を、虫眼鏡で覗きこむ。


学者さんの探究心かもしれないし、


夏休みの自由研究をする子供の気持ちかもしれない。


あっ、、、そこでやっと見つける。


目に入ってくる、小さな「Yes」。


ふふっと笑ってしまうかもしれない。小さな高揚感。


そして、何も言わずニヤニヤしながら脚立を降りていく。


誰かが不思議そうに見てきたら、


「ちょっといいことがあっただけ。」と答えるかもしれない。


これは、本当にただの私の想像。


でも、こういう一連の心の動きって、生活の中で体験することがあると思う。


きっかけや、やってることは違っても。



ドキドキしながら、自分の力で探し求めた先で、


誰かが、もしくわ運命が、小さく頷いてくれたら。


そんな嬉しいことはない。





答えはいつも「Yes」。







2018-08-21

月 と 雲




引っ越してきて、一番楽しめていることは


ベランダが広くなったこと。


洗濯物を取り込もうと外に出たら、いい風が吹いていて、


少しの間、ぼーっとしてしまう。今日なんか特に。


風が強いから、雲があっという間に流されていくけど、


お月さんや星は、ゆったりと、自分たちのタイミングで輝いている。


私の生活も、あっという間に変わっていった。今日の雲みたいに。


流されて、流されて。


地球上のものは、時間と共にあったいう間だ。


でもそれが、美しかったりする。  刹那というか。


宇宙に比べれば、あっという間の輝き。


Kanataさんと飲んでるとき、ふと聞かれた。「戻りたいと思わないの?」って。


本当は、戻れるものなら戻りたい。


でもそれは不可能だといことを心でちゃんとわかっているから、


今、自分の目の前にあるものを大切にしようと思える。



けれど、


本当に変わらないモノもあることを、同時に学んでいたりする。


それは、宇宙の大きさくらいの広い視野で、周りを眺めてみた時に思う。




小さい頃、心がいつもメラメラしていた。


真っ赤に燃える、鉄の塊がいつも胸のところにあるような、そんな感覚。


それは、何か理不尽なことや、


理由が和からないこと、


つじつまの合わないことを経験する度に重くなっていった。



けれど、はじめて外国を訪れたとき、


その真っ赤な重しから少し解放されたのを覚えている。


自分の知らない世界がまだまだ、まだまだあるんだと。




次にあった大きな転換期は、あの地震の後だったとおもう。


自分がしがみついていたものが、すべて崩れた。崩壊した。



でもその後に自然と残ったのは、音楽を続けたいという気持ちだった。


それが全てになった。


この先の、未来の自分への答えになるだろうという確信があった。




流されて、流されて、不安な気持ちは尽きない。


けれど、どこかで絶対変わらないものを知っているような気もしている。




夜空がとても綺麗です。









2018-08-20

深夜のお茶会




昨日は、お誕生日ケーキと頂き物の中国茶を


私ももらいながら、


深くまで色んなこと喋ってました。


閉まった後のお店で、女子会的な感じです。


全然腑に落ちなくて、もやもやした映画のはなしとか、


オルチャンメイクの話しとか、大阪人の話しとか、不審者の話しとか、


話題はごちゃごちゃで、


でも真面目な話は今は別にいいやって感じで、


あくびしながら、甘いものをつついて、


二番茶入れてみたら、味が薄過ぎて、


それでまた笑ってました。




想像してみる





時々、人が持っている感性に驚かされる。


私には見えない景色がその人の目には映っていて、


それはとても尊いなと思う。


分かる、分かるよ、なんて言って軽く流してしまえないくらい。


孤独に感じることもたまにあるんだろうけど、


その人しか知らない真実がそこにあって、


ワクワクさせられる。





2018-08-18

ポエム




今日、中国の人としゃべる機会があった。


何か中国語でメモを書いていたから、


「さっき何を書いてたの?」って聞いてみたら


「光あれ」って書いたんだよと言っていた。


自分はクリスチャンではないけれど、クリスチャンの友達に教えてもらったって。


神様がこの世に光を作った時に唱えた言葉。


何かに感動した時、そんな気持ちになるらしい。


本当は詩でも書けたらよかったけどと、恥ずかしそうに教えてくれた。




「光あれ」






2018-08-13

たぶん、




一緒だよ。


それに、元気じゃないと優しくなれないし。


疲れてる時は、前も向けないし。


元気になれそうなこと、たくさんやってみよう。




最近は、異常気象が多いですね。


今日もすごい雨と雷です。


地球の終わりには、もしかしたらこんな雨がずっと続くのかな


なんて思いながら眺めてたら、


「やっば。」って目が覚めました。笑


今しか出来ないことやっとかないと。


それでも、夏は美しいです。





2018-08-12

映画



ここ最近で、最後に映画館で観た映画は「この世界の片隅に」です。

周りからも、良い良いと勧められていたのだけれどなかなか時間がなく、

いつだったか、年始ぐらいにやっと行けて。

冒頭のコトリンゴさんの歌で、すでに泣いてました。笑

( その後、実際に生で聴くことができて、感無量でした。)

正確かは分からないですが、「この世界の片隅に、私を見つけてくれてありがとう」

みたいなセイフが、今も心に残っています。

誰の人生も、奇跡のような出来事で溢れていて、

それは、心を研ぎ澄ませればすぐに分かる。

私の人生もそうです。

たった一つの出会いに、何度心救われただろうと思います。

まるで映画の様です。


戦争はいつだっていけないことだけれど、

その闇の中で見つける光だって、いつの世も変わらないですね。

色々、複雑なことはあるけれど、

その光の方に、心を開いていけたらいいなと思う。

なんか、嬉しいよ。




2018-08-06





引っ越してきた町での盆踊り。

音のする方へ歩いて行ったら、見つけました。

夏だなぁって感じです。

私は大阪出身なので、「東京音頭」が流れてると

なんかおぉって気持ちになります

そうそうここは東京だったなぁって。

でも地域に関係なく、「炭坑節」は定番だし、ついつい口ずさみます。

あと「アラレちゃん音頭」は小学校の頃の夏まつりの定番フィナーレでした。

日本の民謡ってリズムが独特ですよね。

いちばん強いところが頭にあって、ずっとストレートで。

小さい頃、盆踊りの輪に混じって、

カッコよく浴衣を着こなした近所のおばあちゃんたちの真似をして

踊ったりしましたけど、いつも途中で分からなくなってワチャワチャして、

笑っちゃって踊れませんでした。




2018-07-30

才能


才能という宝物は、とてもとても重たい。

自分自身では受け止めきれないくらい尊いものなんだと思う。

その宝物の輝きに降伏して、身を捧げる勇気を持てたら、

世界はきっと変わるんだろうなと思う。

全ての人に平等に才能が与えられていて、

その力に素直に生きれたらいいのに、なんて考えます。


最近、チラシを作ってみたりしているんですけど、

初めて印刷に出してみたら、自分の理想とかけ離れた感じで

出来上がって届きました。

全然才能ない!と思いました。笑

やっぱりプロの仕事は違う。


私も、私の才能のプロになりたい。






例えいつも近くに居なかったとしても、

大切な人の存在に何度勇気をもらっただろうと思う。

ただ手を握りしめられた時に感じる肯定感。

そんなものに似ています。


最近、周りで手相が流行っていて

お金は掴みにくい手だけど、芸術の線が濃いと言われました。

お金欲しいけど、、芸術があるなら、、、涙

母親にも前「苦労を知らん手やわっ」と怒られたことを思い出して、

また怒られるなぁと思いました。笑

そんな風に、わーわーきゃーきゃーやっているのが面白いのです。


そういえば祖母が生きていた時は、私が「ただいまぁ」と外から帰ってくる度に

手を握られて色んなことを話したなと思い出しました。




2018-07-22

web CM




ファーストアルバムから、「グランドマザー」という曲をweb  CMで使って頂くことになりました。とても嬉しいです。
歌詞は、CM用の特別バージョンですが、元々あった音源の歌詞ととてもリンクしていて運命的なくらいでした。女の子と男の子の2バージョンあります、是非ご覧ください。

キャッチボール篇
 https://youtu.be/WRl4NK9Nccc 

線香花火篇
 https://youtu.be/cE4q-wNyzJw 




先日、近所でやっていた花火大会に偶然遭遇しました。

道を歩いていたら突然あがって、夏の訪れを教えてくれました。

素敵な出来事があると、大切な人に知らせたくなりますよね。


この夏もあっという間に過ぎていくのかな。


CDリリースに向けて、一つ一つ、ステップを踏んでいます。

自分が演奏したものとは言えませんが、

音楽を聴いて涙をするこがあると、改めて「音楽ってすごいなぁ」と信じたくなります。

音楽が伝えてくれることは大きいです。






2018-06-18

カイト


カナダにいた時、Steveston は本当によく遊びに行きました。

フィッシュ&チップス食べて、浜辺でチェスしたり

朝は私はよく走りに行ったりして、美しい景色にたくさん遭遇した。

雨上がりに海にかかる虹を見たこともあったし、

霧がかった朝は神秘的で海も見えないのだけれど、

朝霧の向こうから無数の渡り鳥の声がして、立ち止まってずっと耳を澄ましてました。


夕暮れになると子供たちが遊びまわっていた。

海岸の芝生のところに大きな凹みがって、

そこに雨水が溜まり、偶然小さな湖みたいになってたことがあって感動した。

渡り鳥が中で泳いで、その周りを凧揚げしてる子供たちが走り回って、

忘れられない景色の一つです。


その景色をLiberty という曲を作ってる時に思い出していて、

なんだか皮肉だなと思った。

糸に繋がれて空を飛んでるカイトと、生きるために空を飛ぶ渡り鳥

それが自分の視界に同時にあったことが、不思議に思えた。



2011年の4月に、自立して音楽するって心に決めて、

それから変化が繰り返しやって来たり、大きな出会いがあったり、

ここ7年くらい目の前のことで必死だけど、

この前、独立したばかりの女友達と話してる時に

「これからは、誰かにお膳立てしてもらったものじゃなくて 

”自分で作った人との繋がり” が少しずつだけど出来上がっていくんじゃない?」

なんて、ちょっと先輩面して言ってる自分が居て

思い出して笑っちゃったけど、でも今の自分が少し嬉しく思えた。


本当に少しずつだけど、 自由を見つけてる気がする。

でも、その中でもちゃんと繋ぎとめておきたいものもあるし。



最近、My Little Lover を聴いたりして、「白いカイト」が好きです。


Bank Band とのもとてもいいです。










2018-06-11

ここからは







私自身が築いてきてる人との繋がりは

手のひらに収まるくらい、鳥の巣ほどの小さなものだけど、

とても愛おしい。

ふわっと絡み合って今の私の居場所を作ってくれてる。

意味のない出会いは無いね。




2018-05-23







海って本当好きだなと思う。

先日、大阪から来た母親と久しぶりに鎌倉をぶらぶらしました。

江ノ電沿いを歩い行くと急に海が開ける場所があって、

潮の香りがいっきにしてきて、無性に嬉しくなる。

水平線みると気持ちが落ち着きます。


小学校の頃、淡路島の海岸沿いに、

小さな小さな家を家族が持っていて

夏休みはそこに行って、一日中海で泳いだ。

柔らかい波に浮かんで、夏の空を見上げると不思議な感覚になった。

このまま遠くへ連れて行かれるんじゃないかと思った。



最近時間の経過を感じることが多くて


あの時自分があの選択をしたから、今これがあるんだなとか、

自分が選んできたことの結果が、少しずつ見えてきてるように思う。

まだまだ色んな新しい出会いもあって、変化は絶えないけど、

でもずっと変わらない思いで繋がってるものもあるし。


このままどこに導かれていくのか、ドキドキは止まないけれど、

好きだと思うことに正直にいたいなと思う。





2018-03-08

チェロアンサンブル









東京チェロアンサンブルの公演も今年で10年目。

昨日、実は初演ぶりになるんですが、演奏を聴きに行きました。

この演奏会を主導してる三宅依子ちゃんは

Dewでもたくさん演奏してくれました。

10年続けるってすごいなぁとただただすごいと思います。

そしてこれからも続くんだろうなとワクワクしました。

依ちゃんに会えたのも久々で、また会えてほんとにほんとに嬉しかった。

「頑張っとったら、絶対ええことあるから!」と抱きしめてくれました。笑


優しく調和したアンサンブルに、涙が出ました。



2018-03-02

宝さがし





今年の冬はとても寒い日が続きましたね。

ここ数日春の嵐がやってきて、気温が急に上がりましたが

北海道はまだ氷点下10度だと昨日聞きました。

この小さな日本の中でも、いろいろありますね。


私の小さな生活の中にもいろいろありました。

ここ最近、感動したこと。

いわさきちひろさんの絵本を見て、絵を見て、久々に涙が溢れました。

本当のところ絵本って全然興味がなかったんですが、

ちひろさんの絵本を見て、こんなに色々な感覚が蘇ってきて

「すごい」と思いました。

絵の中の風景と全く同じものを見たわけではないんですけど、

例えば、小学校の国語の授業中、季節は夏で、ちょうど「つり橋渡れ」という

教材をみんなで読んでいました。

夏休みのキラキラした光とずっとではない切なさとが胸に湧いて

ふと窓の外を眺めたら、中庭の緑が揺れていて

少しの間うっとりしました。

そういう子供の頃に感じた美しい感覚を思い出して、涙が出ました。

もう二度と出会えない感覚だろうと思っていたので、

心にちゃんと仕舞ってあって、嬉しい気持ちになりました。




「戦火のなかの子供たち」にもひどく心を打たれました。

柔らかい純粋な心で、

目の前の現実を受け入れなければならない厳しさを思うと

本当に胸が苦しくなります。




これも小学校の頃の話ですが、

その頃ルワンダの内戦が起こっていて、その中で子供たちも犠牲になっていて

そのことを取り上げた番組を観ることがありました。

司会は黒柳徹子さんで、覚えています。

隣人同士が殺しあったり、

自分の両親が目の前で、鉈で切りつけられて殺された子供たちがいたりして

その時、「なんで?!!なんでこんなことが起こるの?!!」

ってとんでもない衝撃を受けました。

自分の中で、ガタガタッ!と壊れていく感覚がありました。

そのあと支援の為の募金活動も何かに突き動かされるようにやって

学校がキリスト教だったので、そのためにミサがあって

一生懸命神様にお願いした。

でも祭壇にかかっているキリスト像が急に動き出して世界を救う訳でもなかったし、

祈ること、願うことに何の意味があるんだろうと思いました。



それが始めのきっかけだったと思います。

生きることがすごく、すごく難しいことのように思えて、

幼いながら葛藤した時期がありました。

でも私は、周りの人や、家族や親友の愛情に救われて、

自分が自分の人生をしっかり生きることがいつか、

世界の遠く離れた場所の子供たちの幸せに繋がるんだと思えることがありました。




ちひろさんの絵をきっかけに、

幼い頃に感じていたことが、蘇ってくることが多かったです。



でも、子供たちの生命力、幸せなことや温もりや美しいものを

敏感に探し当ててしまう力には驚かされます。

そして、自分の中にもちゃんとその力は仕舞ってあるのだと思えました。







2018-02-05

澄んだ空気







ミスチルで一番好きな曲は、「口笛」です。

中学生の時に、歌詞の意味は実は分かってなかったけど

メロディーに胸が締め付けられました。

この年末にラジオで久々に聴いて、あぁこの曲好きだったなと思って。


まだ全然寒いけど、最近空気が春めいてきて胸がときめいて、

夜中近く人気のない道を自転車で家に向かって走りながら

歌ってました。


人生で初めて感動した曲って覚えてますか?

私は、美空ひばりの歌う「川の流れのように」でした。

幼稚園の時だと思うんですけど、テレビに釘付けになってました。

( 羽だらけの衣装に見入っちゃってたのもあるかもしれないけど  笑 )

曲を聴いて涙が出たのは、マッキーの「どんな時も」でした。

これも幼稚園生の時だったと思います。

意味も何も分かってないのに、

体中がひゅ〜んとなって、無性に切ない気持ちになって、

夜寝る時にまた思い出してひゅ〜んとなるんですよね。








2018-01-10

明けましておめでとう。



今年のお正月も大阪に帰って、人に会って、食べて、呑んだくれてました。

年末からお正月にかけての時期が一番好きです。

2017年、自分はどうだったかなぁと心の中で反省会をして、

2018年、不安と期待を胸に、少しドキドキしながらスタートを切りました。

今年も出来る限りのことをしていこうと思う。

良い音源が出来上がってきてるから、その分責任も重いけど、

そう言う意味でドキドキで胸が一杯です。

まだいろんなことに時間はかかるけど、諦めた訳じゃないから心配しないでほしい。


心から好きだと思えるものには、しがみついていかないとねっ!

そのまま、吹っ切っていってほしい。その姿がきっと、誰かの希望の光になるから。



なんだか嬉しく思うこの頃です。



私の気持ちは、出会った頃にもう決まってる。

出会った時にこの人好きだなと思ったら、それはずっと変わらない。



この正月もいろんな人に会えた。

幼馴染の親友とその家族と、その友達。

親の親友だって、大事に思ってる。

人付き合いにも波はあるけれど、近づいたり、少し離れたりを繰り返しながら

その時その時を感じたいと思う。



今年の正月は、スーパームーンが綺麗だった。




月と酔っ払い3人の図。


今年もどうぞよろしく。