2016-03-27

思 い 出



高校生の時の話。


なんだか何もかもが嫌になった瞬間があって


授業中一人席を立って、グラウンドでぼーっとしていた。


( 後にも先にもそれ一回きりのことだったんだけどね。)


授業終了のチャイムが鳴って教室に戻ったら、もうだれも居なくて空っぽで、


でも自分が座っていた場所だけ、自分が席を立ったその時のまんまになってた。


開いたままの教科書とノートとペン。


カーテンがひらひらしてて、光が差し込んでキレイだった。


その時思った。「そっかぁ、自分が投げ出せば全てはそのまんまなんだ。」って。


誰かがやってくれる訳でも無いし、片付けてくれる訳でもない。


自分が投げ出せば、全てはそのまんま。


お陰でその日以来、英語の先生には嫌われちゃったしね。




今でもその時の光景を思い出す時がある。投げやりな気分になる時とか。


投げてしまったら私の時間はきっとこのまんまなんだ。


投げてしまわないようにしないとね。





2016-03-25

来たっ!






来たー、春が来たー!


やっぱりこれですねっ。これこれっ


外は気持ちがいい〜




最近は、メールのやり取りが多くて


それぞれ内容も違うから、一日が終わると


会ってないのに、色んな人とすごいしゃべった気になります。


その話をある同い年のスタッフさんに話したら


彼女も「分かる、分かる。」って言ってました。


会社とかで毎日そんな感じで働いてる人もいっぱい居るんでしょうね。


すごいなぁ。



私はあまり絵文字は使う方では無いので


メールとかで「テンション低っ!」ってよく言われるから


「 ^^ 」こういうの使って今頑張ってます。


メールって緊張するな〜 笑


でもどんな形であれ、新しい出会いはいつも楽しいですけどねっ。




これから少しずつ、


初めての所にもライブでお邪魔できそうです。


その時は、よろしくお願いします。








2016-03-24

s p r i n g h a s c o m e











言いたいことは、本当はたくさんたくさんあったけど


でももう何年もやり場の無かった気持ちを抱えて


あの時どうしたら一番よかったんだろう。


もうすっかりタイミングを逃してしまった気持ちは


胸の中で永遠にぐるぐる回ってるだけだよ。


どこかで会いました?って顔して、ごめん。


でもすごく楽しい一時だった。 これで前に進める。


今の自分でまた出会えてよかった!




2016-03-03

愛チカラ























3月に入りましたねっ。


そろそろ、東北の震災から5年が経とうとしています。


これは、2012年に参加した子供キャンプでの写真です。


キャンプのみんなに手紙を書くことがあったので、


振り返っていました。


彼らは、福島県で被災した子供たちです。


なので、外で遊ぶのが難しい状況が今も続いている中、


長期の休みの間、県外の自然豊かな場所でキャンプをひらいて


外で思いっきり遊ぶんです。


たくさん我慢している分、キャンプでは笑顔が何倍にも弾けます。


このキャンプの若いボランティアのみなさんも、本当に一生懸命で


子供たちとたくさん遊んで、向き合って、


時には悩んで泣いたりもして、


子供たちと同じように学んでいます。


このキャンプで、Dewの「勇気の力」と「君へ」と「僕らはきっと」


を歌ってくれていて


それがきっかけで、キャンプにお邪魔し一緒に歌いました。


みんな思いが溢れて、涙、涙の大合唱でしたけど、


気持ちが本当に一つになった、奇跡みたいな一時でした。




友達は大切です。


仲間は宝物です。


「君へ」という曲を作った時の自分の原点とも言える情熱を、


改めて思い返していました。






仲間がいれば、乗り越えていけることがたくさんあります。


近くにいても遠く離れていても、どれだけ時間が経とうと


変わらないものはあります。


私の中心にずっと灯っているものは、きっとそんな明かりです。


子供達と痛い程響き合っていたものも、


きっとそれなんだと思います。




これからもそんな風に、歌で響き合えたらいいなと思いました。


キャンプで出会った仲間たちの幸せも、これからもずっと願おうと思います。