2016-01-26

2016. 02. 27 告知






2月27日のワンマンライブ、是非遊びに来てください。
今回は、ギターリストの伊原真一君に加え、ピアニストの山本佳祐君にも参加してもらいます。
山本君とは昨年私が弾き語りで参加したライブで知り合ったのですが、その時とても情緒豊かなピアノの演奏に感動して、それで今回のライブの為に声をかけさせてもらいました。会場に置いてある年代物のスタンウェイをどんな風に弾きこなしてくれるのか私も楽しみですし、3人で良いコラボレーションが出来ればいいなと思います。
みなさんお待ちしています!
サポートメンバー: 山本佳祐 (piano) 伊原真一 (guitart)
会場:GRAPES KITASANDO https://www.grapes.tokyo
開場 17:30 開演 19:30
ミュージックチャージ ¥ 3,000 (税込 ¥ 3,240)
お席のご予約は 03-6447-0160 GRAPES KITASANDO へお電話ください。

2016-01-21

Someone To Watch Over Me





よく行くカフェで、シナトラが歌う


「Someone to watch over me」が流れていて、


気になって調べてみたら、


あるミュージカルの中で歌われてた曲だと知りました。


歌詞がすごくすごく従順な内容で、


一体どんなシーンで歌われてるんだろう?と思って調べたら


お酒の密売をやってる女性が恋に落ちて


相手が自分を選んでくれるように願ってるシーンの歌だったみたいです。


あなたが見守ってくれるなら、わたし絶対いい子になれるわっ


みたいな、そんな気持ち。


人を好きになって


自分の中の、とても純粋なものをみつけた。


そんな感じかなぁと想像しました。




今、次のワンマンでカバーする曲を探していて


山本くんにもピアノを弾いてもらえるし、


その日特別に出来ることをやろうと考えてます。




自分で作った曲じゃないものを歌うのは時々いい刺激になります。


歌詞って面白いです。


人生のよう。 深いですなぁ〜 笑






2016-01-12

光 と 影 と











高校生の時の不思議な落書きを見つけました。


光と影と治まらないメラメラと


知らない人、人、人、人、、


言葉に成らないことで一杯でしたけど、


それでもいろんな方法で


表現しようとしてたんだなぁと思います。





それぞれ色々に複雑な気持ちを抱えてて、


気持ちを表すのにときどき骨が折れますけど


受け入れてもらえた時は、


とても大きな力になりますね。