2019-01-12

2019年



寒中お見舞い申し上げます。


年賀状、書かなそうとよく言われるけど、実は毎年書いてます。

そんなに量はないけど。

今年は時間と気力が無さ過ぎて諦めたけど

元旦にありがたいことに何枚か届いて、やっぱり嬉しいなと思いました。

ただ、更に返事を書くのも遅れてしまって、

今年は寒中見舞いになってしまいましたが、

改めて文字にして、気持ちを表すのは良いですね。



最近、本を読むのがすごく良い気分転換になっていて、

この時間が無いとダメなくらいです。

今日は「さよなら、スパイダーマン」という本を読み終えて、

泣けるとは思わなかったから、最後の最後でやられました〜。

複雑な状況とか、受け入れ難い現実を、子供の目線で描いた本なんだけど、

愛する人を失う気持ちとか、愛する気持ちとかを、

主人公の男の子の、子供なりの経験を通して、

一つ一つ理解していくようなそんなお話で、

読んでると、私も一緒になって学んでる気持ちになった。



その前は、星野道夫さんの「長い旅の途上」をずっと読んでいて、

これもすごくよかった。

言葉がスルスル入ってきて、

好きな本に出会うってこう言うことかなって思った。



まだまだ、読書熱は冷めそうにないです。

次は何読もう。。







2018-11-25

official site


オフィシャルサイトを公開しました!

「モーニングサイド」という曲を視聴していただけます。

是非聴いてみてください。

yushimizu -officialwebsite.com 



2018-10-24

君の声に恋してる



最近は 山下達郎を聴いてます。


音楽を聴いて元気になったりすると、

逆に、この瞬間を味わう為に日々色々あるのかなんて思ってしまう。

リズムに酔いしれてると、日々の色々も笑えてくる。


さっきまであんな悩んでたのに、

外で友達の顔見たら、気持ちはケロっとしてしまってて、

なんやねん自分!って可笑しくなっちゃうし。


世界は、悩む暇もくれないみたいです。

心を開いて、耳を澄ましていようと思う。





2018-10-18

「 夜の木の下で 」




先日、ツアーで名古屋を訪れた時、

春奈から「これ古本屋で見つけたから、買っておいたよ」と

湯本香樹実さんの本をもらった。また彼女の本が増えた。

夕方外から帰ってきて、窓を開けて本の続きを読むと、

だんだん神経が落ち着いて、いろんな感覚が戻ってくる気がした。

読み終えたら、自分が学生だった頃のことをポツポツと思い出した。



受験とか、進路相談とか、

そういう節目節目では、自分は何なのかを考えさせられることもあった。

周りには幼稚園から一緒の子もたくさんいて、みんな同じようにみえたけど

そうやって立ち止まった時に初めて、自分だけの道がすっと一本見え始めた。



中三の時、私はカナダの高校に行くと決めたから、

やっぱり周りはとても驚いていたけど、相談しに来る子もいた。

自分はこのままでいいのかなと。



バス停近くにあるスタバで、話を聞いていた。

窓際の席、だんだん西日に染まっていく彼女の顔をずっと見つめながら

何て言ってあげればいいのか考えてた。

「 しみちゃんはいいやん、好きなことできるんやから。」

泣いているのか、瞳が金色に見えた。

その時、突き放されたような気持ちになった。

それは、その友達からということではなくて、

なんか、時間とか運命とか、目に見えないものから。

私は私の道を選んだんだ。


彼女はきっと間違っていなかったと思う。

あの時もちゃんと、選択をしていたんだと思う。

「きっと間違ってないよ」

あの子に言ってあげたいなと、ふと今更思った。


今度また会えた時は、本当の気持ちでいれたらいいな。





2018-09-25

連休でした。




東名阪ツアーがひとまず終わって、私自身も連休でした。

さぁそろそろ、また立ち上がっていこうかなぁという感じです。



春奈と久々に長いこと話したりもして、

それぞれの日常をシェアしたりして。

私の正解が彼女の正解ではないし、何か導いてあげることなんて出来ないけど、

彼女は今置かれてる状況の中で、今最高の答えを探しているんだと思う。

そしてそれは私も同じなんだということが、大事な気がしました。



会って話せばすぐにわかりあえることはたくさんあるんだろうけど、

結局気持ちは同じで、安心する。



自分が「好きだ」と思えることを少しずつでもいいから積み重ねていこうと思う。

その先に全部答えがある気がします。



捻じ曲げたりしないで、素直でいれたらいいな。





2018-09-18

またね!





ツアーお疲れさまでした!


アルバムリリースのお知らせも出来たし、各地で久々の人たちにも会えたし、


元気をもらえた。


ちゃんと覚えていてくれて、会いに来てくれて、なんてありがたい。


私が19歳の時に出会って、お世話になった人も、


いろんな人生の変化を経て、今はお母さんになって、


こうしてまた会えて、またふざけた話しをして笑ってる。


どんな道を選んでも、迷いながらあっち行ったりこっち行ったりしてても、


結局辿り着く場所が私にもある。


そこで今の自分自身を確認したら、また立ち上がって出発する。


また必ず会いたいと思う気持ちが、背中を押してくれます。



 

2018-08-31

正直な話



本心は、


変えようとしても、なかなか変えられない。


本当の事は、いくら捻じ曲げてみても、


変えられないのかもしれない。 そんな風に感じる。


私が自分の夢を諦められないのと同じように、


何度寂しい思いをしようと、理性を持って大人になろうとしても、


どうしたって否定できない気持ちがある。


過去は変えられない。その延長に今があるから、否定できない。


そんなふうに、今を大事に大切にできたらと思う。


So,   let it be!


And let's see what will happen.


This is the only way I know for now.